2008年7月30日水曜日

禁煙八週間

まぁ、ニコチンパッチでニコチンは取り入れているから今のところニコチンの危険性が消えているわけではないのだけど。浮いたお金が300×56日=16800円と言いたいところだが、パッチも含めて禁煙外来の費用が1万円強はかかっているので5000円くらいか。

ただ、どうも歯の調子が悪いので一昨日歯医者に行ったら歯周病で左上奥がやられているそうな。そんな話を聞いたことがあると思って、きちんと調べてみると喫煙がいけないのだそうな。なんでも歯垢がつきやすくなったり、血行が悪くなるので歯には非常に悪いんだそうな。改めて禁煙を続行することを決意したのであった。。。パッチもそろそろやめねば。だんだんと小さいものに変更しているのだけど。

Aloe Yogurt Cm Chiaki Kuriyama

別に栗山千明のファンではない。このCMのどこがそんなに気に入ってるかというと、その音楽と特にバックに流れてるローズのリズムがめっちゃ気に入ってるのである。まぁ、ごく普通のパターンだけど、そこがいい。

2008年7月26日土曜日

櫻井よしこが出たら大ハズレ




まったくだ。タイトルだけで笑えるなぁ。。



異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない
いまこそ国益を問え―論戦2008
日本人の美徳 誇りある日本人になろう
日本よ、勁き国となれ――論戦2007
日本の危機
この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006
国売りたもうことなかれ 論戦2005
気高く、強く、美しくあれ―日本の復活は憲法改正からはじまる
このまま滅ぶな、日本
立ち上がれ!日本―「力強い国家」を創る戦略
「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質
日本よ、なぜ動かない―論戦〈2001〉


Frank Zappa - Saint Alphonzo´s Pancake Breakfast - 1978

2008年7月24日木曜日

地デジGO!

忙しいのでいつものとおりほとんど中身無し。

私は地デジに完全移行した暁にはテレビ(放送)を一切見ないことを誓います。

テレビは政府の洗脳装置であることがますます明らかになってきたからねぇ。。。
なんだよこりゃ。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/080722_1.html

----

Star Wars Help Desk

Storm Trooperの皆さんも大変ですよ。
しかし最後のジョージルーカスのくだりは余計だなぁ。。惜しい。

2008年7月20日日曜日

宮台さんのお話

----
これは実は昔からよく知られている問題ですよね。

例えば、丸山真男が日本の帝国陸軍の機能について分析した中に、陸軍でも軍事物資の横流しって平気でされていたし。あるいは配給物資を組長さんが横流しするなんてことも平気で行われていて、そこでまさにコネの世界だったわけですよ。

そういう意味でいうと、日本の村落共同体のようなものと表裏一体で昔から続いてきたし、村落共同体的なものが続いていく限りは、おそらく永久に続いていくものだと思うんですよね。

最大の問題はどこにあるのかというと、これは丸山自身も意識していたことですけど、単にコンプライアンスとか法令遵守とか順法精神とかいう話ではなくて、社会の動き方あるいはそれを支えるメカニズムをどうやって市民社会的なものにしていくのか。

例えば、ここでよく言ってましたよね。自治あるいは分権化すれば社会はよくなるというのは大間違いで、市民社会化がなされていない場合には、むしろ中央はまだ市民社会化がされてますから、今よりはるかに悪くなってしまう可能性がすごくあるわけです。

市民社会化とは何かというのが問題になるわけだけど、とりあえず市民社会化をして、共同体的なメカニズムを全部潰す必要はありませんけど、それをチェックして中和することができるくらいの規模にしておかないと分権化・民権化は非常に危ないということ。そこをちゃんとするためのきっかけにした方がいいですよね。

で、ところが以前僕が教育改革に関するいろんなプログラムを提案していたときに繰り返し申し上げたことだけれども、地域社会の市民社会化に最も強く抵抗し続けてきているのが、教育界なんですよね。

それは典型的には、学校を聖域化すると。学校に警察を入れるなと。学校の中で起こったトラブルについては学校の中で処理しろみたいなね。学校を閉じよう閉じようとする傾向がありますよね。これはもう当たり前ですが、市民社会化の反対。

僕は以前から、教員の暴力にも、生徒の暴力にも警察を投入しろと、それは別に警察を信頼するわけではなくて、むしろ僕は警察を信頼しないけれども、それよりも優先順位としては学校が閉鎖的になって市民社会的な状況から程遠いものになってしまうことの方がよっぽどヤバいと。

警察がヤバいんだとしても、それは学校だけじゃなくてすべてのところに及んでるわけだから、だったら市民社会化で一部学校に警察のヤバさが及ぶんだとしてもそれはまだ社会全般の問題と同じ位のことです。

学校だけが閉鎖的であるがゆえに、普通の社会で許されないことが、教員にも生徒にも、場合によっては親にも許容されていて、しかもそれに文句を言うと共同体的なメカニズムで排除されるなんてことがずっと起こってきたし、今でも一部にあるわけです。

そういう意味で言えば、今回は教員採用試験に関わる不祥事として明らかになりましたけれども、これを支えている共同体的なメカニズムが他にどういう問題を、どういう波及効果を引き起こしてきたかを考えると、ほんとに問題は大きいです。
----

funny car accident with crazy woman おばはんのありえない事故

2008年7月13日日曜日

Protocol Buffers

GoogleにProtocol Buffersというオープンソースプロジェクトがあるそうだ。こいつは異なる言語環境の間で構造化されたデータ構造の受け渡しを行うものらしい。要するに、データ構造を定義し、それにアクセスする各言語上のプログラムを自動生成するもの。

こういう目的には元来XMLが使われてきたのだが、いまさらなぜこんなものをというのが大方の見方、と思いきや今のところそういう意見は見つからない。それもそのはず、みんなXMLにはウンザリしているからだろう。

世の中なんでもXML。せっかくの素晴らしいアイデアなのに、その基盤技術にXMLを選択しちまうもんだからロクでもないものができあがってしまう。Spring, Hibernate, Strutsの類はどれもこれもガラクタで使い物になりはしない。少なくともアノテーションが出現するまでは。

どうもこの手の新技術を開発する連中は、それを利用してモノを作る側の苦労、つまりヘンテコなXMLを手作業でメンテナンスする苦労がわかってないらしい。しかも、そういう技術をITマスゴミが疑問も持たずに取り上げおだてあげるもんだから、下っ端プログラマは「そういうもんだ」と思いこみ従ってしまう。こうして、しょうもない技術の上にロクでもないコードが量産されるというわけ。

Google GuiceなどもまさにXMLに対するアンチテーゼであるわけなのだが、ITマスゴミ連中はGuiceが出るや「XMLが必要ない。すばらしい」みたいな書き方をしてるのだから恐れ入ってしまう。結局なんてもいいんじゃんか。XMLに対して(当然の)疑問があるなら、そういう表明をしとくってことができんのかね。

現場の技術者が、ごく当たり前の感覚を持って作ったもんじゃなきゃ結局は使い物にはならんのだよね。まぁ「Googleのもの」だから特に取り上げてもらえるというのがあるんだろうけど。

山本モナCM 2本

なぜか彼女の「いま」を予言するような二本であった。。。



2008年7月10日木曜日

正義の味方

あ~相変わらず集中力が続かない。以前はどうやって集中していたんだっけ?そもそもこの膨大なプログラム、本当に俺が書いたんだっけ?みたいな気持ちになってくる。

昨日のドラマ「正義の味方」。志田未来って女王の教室から全然変わってないな~。
そもそもこれ漫画が原作らしいけど、あまりに漫画的なので筋はど~でもいい。
むしろ、山田優のスタイルと変顔を楽しむためのドラマだな。。。たぶんこの先見るの忘れちゃうかも。

prison break

頭がいいんだよね、ゴールデンは。一度覚えたことは何度でもやるからこういう動画がとれたんだろうね。

2008年7月1日火曜日

mixiやめましたぁ

ついにやめましたよ。あぁやめましたとも。

さっさとやめたかったのだけど、コミュ二つ抱えていて管理人がなかなか決まらなかったもんで。一つはなってくれる人がいたのだけれど、もう一つは誰も手を上げなかったので辞めると共にあらかじめの予告通りコミュも閉じた。

あ、一人手を上げてくれた人がいたけど「コミュ運営期間の三割参加している人であること」という規定から管理人にはできなかった。なんてバカな規定なのかね。辞める段になってmixiのバカさ加減をまた一つ知ってしまった。

English Lesson

このバカバカしさが好き。しかしこのおねーさん、結構きちんとしゃべれるのに、なんでこんなことをしてるんでございましょう。。。トシって誰?